現役SIerの回想録

56歳現役SIerの1988年(昭和63年)入社からの回想日記です

【序章】冨田幸弘ゼミ@獨協大学

1987年(昭和62年)4月より1988年(昭和63年)3月の2年間、獨協大学冨田幸弘ゼミ(統計学)にて、プログラム言語BASICFortran77を習熟しました!

f:id:review-movie:20200725230258p:plain

ゼミの内容は「ビジネスシミュレーションゲーム」をゼミ生の中で複数グループに分かれ、卒業までの2年間で作る(卒論)ことでした。

 

私の仕事は「経営分析」のプログラミングでした。

 

BASICで画面のイメージを作成し、下記経営分析数式をFortran77で作成しました。

 

【主な経営分析数式(指標)】

指標1 売上高総利益率

指標2 売上高営業利益率

指標3 売上高経常利益

指標4 売上高当期純利益率 

指標5 売上高販管費

指標6 総資本経常利益率ROA

指標7 自己資本当期利益率(ROE

指標8 流動比率

指標9 当座比率

指標10 固定比率

指標11 自己資本比率

指標12 営業キャッシュフロー

指標13 投資キャッシュフロー

指標14 財務キャッシュフロー

指標14 総資本回転率

指標15 固定資産回転率

指標16 棚卸資産回転率(在庫回転率

指標17 売上債権回転率

指標18 買入債務回転率、買入債務回転期間

指標19 商品回転率、商品回転期間

指標20 売上高付加価値率

指標21 労働分配率

指標22 労働生産性

指標23 売上高伸び率(売上高成長率)

指標24 経常利益伸び率

指標25 当期純利益伸び率

指標26 売上高研究開発費率

 

ゼミ論を落とすと卒業できなかったので、卒業式前日ぐらいまで真面目にゼミ室に通っていました。

 

当時の汎用機はIBMの4381で、ダム端末は5540だったような気がします。

 

お金持ちのゼミ長の家にはNECの9801があり、たまに遊びに行ってBASICを教えてもらいました。

→ ゼミ長も大手都銀SIerに就職して、現役バリバリです。

 

ゼミの同期は20名弱で、女性も4名いました。

 

皆仲が良く、合宿旅行が年1回、2回行ったのが楽しかったです。

 

ちなみに、私が入社したSI会社の人事担当1次面談で「汎用機はIBMの4381で、ダム端末は5540」と言っただけで1次面談は合格しました。

→ 当時、入社した会社も同じコンピューターを使っていました(笑)

 

当時、プログラム言語を知っている日本人は千人いなかったそうです(本当か?)

 

まあ、確かにフロッピーデスクも無く、紙テープの時代でした。

 

入社前の【序章】でした。

 

次回は【入社試験~総合研修編】になります。